ペットとして不動の人気を誇る犬ですが、そのなかでも比較的飼いやすい犬種というのがあるようです。
犬はその犬種ごと性格や特徴が異なるため、事前によく調べておけば、相性の良いコと巡り合うことができるでしょう。

トイプードル

不動の人気犬種は賢さが特徴

トイプードルは見た目の可愛さもさることながら、その賢さと従順さが魅力です。しつけのしやすさもあって、初心者でも飼いやすいことから人気も高いといえるでしょう。あまり無駄吠えすることもなく、情緒も安定しています。

注意点は毛の手入れと運動

巻き毛が魅力のトイプードルは、こまめなブラッシングが必要になります。一度毛玉ができてしまうと、そこから別の毛玉が発生して手に負えなくなるので注意しましょう。また、大型犬ほどではなくとも散歩は必要で、運動させないとストレスを溜めてしまいます。

ミニチュア・シュナウザー

口ひげが魅力のドイツ犬

賢く、好奇心が旺盛なシュナウザーは、口ひげのような毛が特徴的です。警戒心も強く、番犬としても優れていて飼いやすい犬種であると言えるでしょう。その一方、人懐っこく寂しがり屋なので、長く家をあける場合は注意が必要です。

まじめな性格に注意が必要なときも

一度覚えたことはなかなか修正できない性格のようで、飼い主の都合でしつけのルールが変わってもなかなかなじむことができないようです。
真面目な性格の犬種だけに、ストレスにならないよう注意してあげましょう。

ミニチュア・ダックスフント

愛らしい姿と好奇心旺盛な性格が魅力

胴長短足の姿が愛らしいミニチュア・ダックスフントは、好奇心旺盛な犬種です。飼い主のいうことをよく聞くので、しつけも興味を持たせるようにすれば比較的簡単にできるでしょう。我慢強さも持ち合わせえていますが、あまり長く放っておくことはおすすめできません。

運動不足に注意しましょう

ミニチュア・ダックスフントは小さな身体に似合わず、豊富な運動量が必要になります。狩猟犬の血統でもあり、腰に負担がかからないよう筋肉を保持しなければならないこともあって、毎日の散歩は欠かすことができません。

シーズー

ペットとして長い歴史のある由緒正しい犬種

古くはチベットや中国の古代王朝で飼われていた歴史をもつシーズーは、その人懐っこさから非常に飼いやすい犬種として人気があります。詳しくは
モコモコとした毛並みが愛らしく、狭い室内でも無理なく飼うことができます。

運動とブラッシングは必須

愛情深く、覚えが早く、しつけもしやすい犬種ですが、体格に似合わず運動量は豊富です。そのため毎日の散歩を欠かすとストレスになるばかりか、肥満の原因にもなるため注意しましょう。魅力の長い毛も、やはり毎日のお手入れが欠かせません。

ラブラドールレトリバー

温和、社交的、従順な、理想の家庭犬

大型犬種のなかでも随一の人気をほこるラブラドールレトリバーは、非常に賢く、我慢強い犬種です。警察犬や盲導犬、介助犬などに多く見られる犬種であることから、訓練次第でさまざまな能力を身につけられることがわかります。

人間の子どもや他の動物とも友好的に接することができるため、小さな子供や小動物がいる家庭でも、比較的安心して飼うことができると言えるでしょう。

食事、運動、飼育にかかる費用

食欲旺盛な性質のため、食事に制限を与えないと、あっという間に肥満体になってしまいますから注意が必要です。大型犬であるため、散歩と運動量は当然大きくなります。力も強いため、成人女性でもその気になれば引きずって進むことができるでしょう。

詳しくはこちらの記事をどうぞ → 犬の健康について

お金と時間と手間がかかることは間違いありません。子犬のころの愛らしさだけでラブラドールレトリバーを飼おうとするのは、決して賢い選択とは言えないでしょう。

柴犬

日本古来の犬種 海外でも大人気の小型犬

主人に対して忠誠心が強く、賢く、勇敢で警戒心が強い犬種であり、番犬として飼われているケースも多いようです。本来は狩猟犬ですが、現在は家庭犬として大人気となっています。

性格は個体差が大きく、頑固で独立心が強いタイプだとしつけにも苦労することがあります。小型犬に分類されていますが、筋肉質で運動量が豊富なため、当然毎日の散歩が必要になります。

飼い主と他人を明確に区別する

好きな人には愛嬌を振りまく一方、知らない人や嫌いな人には敵対心をむき出しにすることがあります。飼い主に従順であるがゆえに、人間のほうにも愛着が湧きやすい犬種となり、結果主従関係を重んじる海外で人気に火が付いたかものしれません。

なお、比較的体格が小さい柴犬を豆柴と呼んでいますが、犬種として広く認定されているわけではありません。